猥褻行為に堕ちてしまった三十路コンパニオン

猥褻行為に堕ちてしまった三十路コンパニオン

三十路となってもサバを読んでイベントコンパニオンの仕事を続ける彼女。雑誌の表紙とグラビア撮影の仕事を請ける事になったのだが、三十路過ぎで何故こんな仕事が舞い込んできたのか。大人の魅力を押し出したい為に適任ということで選ばれたということだが果たして。撮影は進み、段々とはだけていくように言われ不安を感じながらも衣装を脱いでいく。だが、ここで男の本性が露になり彼女の不安が的中する事になってしまうのだった。

カテゴリー: 熟女クラブ パーマリンク