大手会社営業の若妻オンナが卑猥な売り込み

大手会社営業の若妻オンナが卑猥な売り込み

大手化粧品会社の営業として働く若妻、その見た目とプロモーションは綺麗の一言に尽きるのだが如何せん売上げが良くない。そのため、何としても化粧品を売らなければならない。営業として訪れた家には女性はいなく、旦那が1人いただけであった。日にちを間違えるという営業にはあってはならないミスを犯してしまった彼女、しかし、何としても売上げを出したい為に、奥の手を出す事に。それは、猥褻な行為で無理やり旦那さんの気を引くことであった。

カテゴリー: 熟女クラブ パーマリンク