義父の性玩具となり調教された美人三十路妻

義父の性玩具となり調教された美人三十路妻

夫に先立たれてしまった三十路の未亡人。義父と2人暮らしをする事になったのだが、その義父は彼女を家族としてではなく1人の女性として意識していたのだった。亡き夫は多額の借金を残しており、到底彼女1人では払いきれない状態だったが、義父が条件の代わりに立て替えるという。その条件は一生付き添う事と、命令には絶対である事。早速、義父から卑猥な命令が下り借金返済のためにはやむを得ず受け入れてしまうのである。しかし、義父の性欲は還暦とは思えないくらいの凄まじさで、性玩具として調教されてしまうようになるのだった。

カテゴリー: 熟女クラブ パーマリンク