公私に渡り淫行される三十路未亡人

公私に渡り淫行される三十路未亡人

勤めている職場で散々羞恥プレイ受けてきた三十路未亡人。あらゆる淫行をされてきてしまったのか、性的な事に関してマヒしてきてしまったのである。ある日、突然お店のマネージャーから押し倒されてしまい、身体を弄られながら衣服を脱がされていく。感覚の麻痺している彼女はこれも教育の一環なのだと思い込んでしまい、そのまま受け入れてしまう。口の中に肉棒を含んでは味わい、濡れてしまったアソコは疼きを感じてしまい遂には生の肉棒まで受け入れてしまうのである。

カテゴリー: 熟女クラブ パーマリンク